レシピ動画数世界一「クラシル」の大人気レシピ75品を厳選!

『クラシルと毎日のごはんスタイル』クラシル著
『クラシルと毎日のごはんスタイル』クラシル著
写真を見る

 筆者は自炊の際、よくレシピサイトを利用するのだが、中でもお世話になっているのが「クラシル」だ。「クラシル」のありがたいところは、料理の作り方を1分動画で見せてくれるという点。レシピサイトで紹介されているレシピの多くは文章と、あっても調理工程の写真だけで構成されている。しかし、これが動画になったことによって文章と写真のみでは分からない微妙なタイミングも、真似ることができるのだ。

 お陰で目玉焼きすらしょっちゅう焦げつかせる不器用極まりない筆者でも、「今日の夕食だけど、どう?」とドヤ顔で食卓に出せている。全く「クラシル」さまさまである。

 本書では、そんな「クラシル」の中でも再生数上位の大人気レシピ75品が紹介されている。レシピ動画数世界一を誇る同サイトで上位に食い込む人気ぶりなのだから、いかに手間がかからず、美味しく作れるレシピか想像していただけるだろうか。

 本書は「春野菜」「お肉LOVE」「主役ごはん」「ほっこりスープ」「ホームパーティー」「ほめられ弁当」と6つのテーマに分けられている。とりわけ注目したいレシピが「チーズイン! まんまるオムレツのオムライス」と「炊飯器でほったらかし筑前煮」だ。

 「まんまるオムレツオムライス」はその名の通り、丸く整えられたオムレツがケチャップライスの上にのせられているというもの。見た目の可愛らしさはもちろんのこと、オムレツを電子レンジによって作るため、オムライスを調理する際によく陥る「卵でケチャップライスを上手くくるめない問題」が発生しないというのが画期的だ。TV番組で紹介されたというのもうなずける。

 一方、「ほったらかし筑前煮」は材料を切っていためて煮て……と工数の多い筑前煮を炊飯器で簡単に仕上げてしまおうというレシピ。実質、材料を切って炊飯器に入れる手間しかかかっていないため、「筑前煮は調理がめんどくさい」と敬遠していた人にとっては目からうろこなのではないだろうか。

 レシピだけではない。本書はおすすめの器やご飯のおともにぴったりの惣菜、時短を意識したお弁当作りのコツなど、もっと食事を楽しむためのコラムも充実している。本書を1冊キッチンに置いておけば、毎日の料理がきっと楽しくなるはずだ。


出版社:マガジンハウス
書名:クラシルと毎日のごはんスタイル
著者名:クラシル
定価(税込):1,296円
税別価格:1,200円
リンク先:https://magazineworld.jp/books/paper/2984/

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]