シュールなのにリアル。笑って泣ける猫漫画

『俺、つしま』おぷうのきょうだい著
『俺、つしま』おぷうのきょうだい著
写真を見る

 ツイッターで公開されていた猫漫画がついに刊行。主人公はキジトラの「つしま(通称つーさん)」。外でゴミを漁っていたところをおじいちゃんに保護され一緒に暮らし始める。すでにおじいちゃんの家で暮らしていた先住猫の「ずん姐さん」、あとからやってきた「ちゃー」「おさむ」などとの暮らしぶりに“猫あるある”が満載。猫を飼ったことがある人なら共感できるエピソードばかりだ。エピソードは作られたものではなく、ほとんどが実際に飼い主である作者の周りで起きたことばかりだという。

 本作の魅力は、細かな仕草など猫を知り尽くした人にしか描けない描写力から生まれる「リアル感」だろう。登場する猫たちは、表情、しぐさ、毛の質感、体型など、とにかくリアルである。作中では猫が人間の言葉で話したり、人間のように歩いたりするのだからシュールといえばシュールなのだが、妙にリアルで違和感がない。

 すでに公開されている漫画のほかに描きおろし作品もある。猫と暮らす上で必ず経験する出会いと別れ。どちらも、動物を飼っていれば避けては通れないものだ。猫たちが幸せに暮らせる環境を作り出してあげられるかどうか、真剣に考えるきっかけを与えてくれる。

 コミック化された本作に対しては、「感動した」「笑ったり泣いたりで忙しい」「何度も読み返してしまう」といった声が多く寄せられているそうで、売り切れとなる書店が続出。発売1か月でたちまち4刷、8万部を突破した本書。「重版でようやく見つけた」というツイートも多く見かける。

 つーさんの「飢えもしたし、別れもあったよ。でも俺いま、シアワセだよ!」という言葉に、おじいちゃんの「ただいてくれたらそれでいい」という想いに、いとおしさがあふれてたまらなくなる。片手にセミを持ち、虎柄の腹巻をしたつーさんの強い目力を感じるカバーも印象的。ジャケ買いしても読者を裏切らない、笑って泣けるおすすめの一冊だ。猫好きさんにはもちろん、いつか猫を飼いたいと思っている人にもぜひ読んでいただきたい。


出版社:小学館
書名:「俺、つしま」
著者名:おぷうのきょうだい
定価(税込):1,080円
税別価格:1,000円
リンク先:https://www.shogakukan.co.jp/pr/tsushimacat/

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]