シビアな現実、なのに心温まる。一級品の家計応援小説

『老後の資金がありません』垣谷美雨著
『老後の資金がありません』垣谷美雨著
写真を見る

 主人公は50代の主婦、篤子。堅実で節約家の彼女は、老後に備え1200万円を貯金していたが、結婚する娘の結婚式や新婚旅行、新居の準備費用、舅の葬儀代で残額300万円に。そんな中、姑の介護施設費用の負担として月9万円を仕送りしなければならないのに、夫婦そろって失職してしまう。老後の生活を預金と夫の退職金、年金で暮らすことを想定していた篤子に金難ばかりが降り注ぐ。

 夫が無造作に残す刺身のツマに腹が立ち、月に1度の楽しみであった友人とのお茶代にもピリピリする。どこの家庭でも心当たりのありそうなエピソードだけに、篤子のいらだちにはリアリティがある。見栄っ張りで煮え切らない夫に、どこか頼りなく見える娘に、贅沢暮らしに慣れた姑などに、「うちもそう!」と共感する女性は多いことだろう。

 夫や義妹との口論もあり、篤子の置かれている状況はシビアだが、そこに家族のつながりや友人との関係が見事に描かれている。高級老人ホームにいた姑を自宅に引き取ると、物語は意外な展開を見せる。ミステリー要素を含みつつ、ホットな社会問題にも切り込んでいくが、これ以上は語らぬが花。ぜひ本作でお楽しみいただきたい。親族間のお金のもめごと、多種多様な葬儀のやり方など、有用な知識も得られる作品だ。

 老後のハウツーは多くの雑誌やテレビ番組で取り上げられているし、それに関する専門書もたくさんある。だが、老後についての知識を得れば得るほど不安に駆られる人も多いだろう。老後の資金計画ばかりにとらわれていたら息が詰まるし、人生がどう転ぶかは誰にもわからない。お金はもちろん大切だ。ただ本作は、お金そのものに振り回されないことの大切さを訴えてくる。巻末の室井佑月氏の解説のなかで「豊かな老後に不必要なものは、くだらない見栄。そして、必要なものは、友達」という言葉が深くてしみてくる物語なのである。

 いわゆる老後のお金に関するハウツーや老後資金のやりくりが主体の本ではない。お金の大切さと明るく生きるコツを教えてくれる小説である。老後に漠然とした不安を感じる世代はもちろん、どの世代にもおすすめの一冊だ。


出版社:中央公論新社
書名:老後の資金がありません
著者名:垣谷美雨
定価(税込):691円
税別価格:640円
リンク先:http://www.chuko.co.jp/bunko/2018/03/206557.html

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]