教科書からは見えてこない、「逆説」で浮かび上がる驚きの日本史

『コミック版 逆説の日本史 戦国三英傑編』著/井沢元彦  まんが/千葉きよかず
『コミック版 逆説の日本史 戦国三英傑編』著/井沢元彦  まんが/千葉きよかず
写真を見る

 シリーズ累計500万部を突破した著者の代表作をコミック化したのが本書だ。歴史の授業は覚えることが多すぎて苦手という人も多いだろうが、そんな人こそコミック版はオススメだ。人物や事実関係がわかりやすく、頭にすっきりと入ってくるからである。

 本書がうたっている「逆説」の魅力は、歴史を別の角度から見ることによって「通説」とは異なる事実をあぶり出すところにある。通説によれば、織田信長は比叡山焼き討ちを行い、宗教弾圧を行ったとされる。しかし、著者は、信長が行ったのはあくまで比叡山という宗教団体の弾圧であり、彼らが信仰する天台宗そのものを弾圧したわけではないと考えている。目的が異なれば、目指そうとしていたゴールまで異なってくる。では信長が本当に目指していたものは何だったのか?読者の想像力をかきたて、ページをめくる手が止まらなくなることだろう。

 一方で本書は、歴史学者たちからは、史料(古文書)に書かれていないことは著者の妄想に過ぎないと批判されている。確かに、学者たちの指摘は間違っていない。だが、著者の説にも耳を傾けるべき要素がある。それは歴史研究の多くが、現代人の価値観によって進められている点だ。このことが誤りを起こしやすい温床、と著者は主張している。

 例えば、戦争が非人道的な行為であることは現代人の共通認識だが、かつては生存していくために必要と肯定的に考えていた人が多数だったかもしれない。豊臣秀吉が晩節を汚したとされる「朝鮮出兵」は、当時の人々も大反対だったとするのが通説である。事実、そのような史料も残されている。しかし、はたしてそれは真実だろうか?むしろ大歓迎されて始まったのではないかと著者は述べている。

 では、なぜ肯定的な記録が残っていないのか。著者からしたら単純な話。人間は恥ずかしい失敗をわざわざ残そうとはしないからだ。たしかに、有名武将がいかに偉大でも、きっと恥ずかしいことや、ひどいこともたくさんやらかしていたに違いない。そうした側面を無視した歴史研究の方こそ、実際は無理がありそうだ。

 そして、本書を読み終えて気付くことがある。歴史の真実なんて結局のところ誰もわからない。ただ、自分自身で分析して新たな発見をすることは楽しいだけでなく、そのスキルは現代社会を生きていくうえでも役に立つ。むしろ著者が言いたいのは、このことではないだろうか。


出版社:小学館
書名:コミック版 逆説の日本史 戦国三英傑編
著者名:著/井沢元彦  まんが/千葉きよかず
定価(税込):1,620円
税別価格:1,500円
リンク先:https://www.shogakukan.co.jp/books/09388566

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]