美しくなるメイクはこれだけでOK!テクニックのすべてがわかる完全参考書

『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』長井かおり著
『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』長井かおり著
写真を見る

 「アプリコットメイク」というたったひとつのメイク法で、“日本一予約がとれない”といわれるほどの大人気メイクレッスンを開催する著者。本書は、多くの女性の共感を呼んでいるそのメイクテクニックを、実に詳細に伝授してくれるビジュアル版テキストだ。

 ポイントごとに工夫された画像が満載で、BEFORE→AFTERは一目瞭然。コツを押さえたコメントも豊富でわかりやすい。これまでの主に文章でテクニックをつづった著書の、いわば集大成といった内容になっている。

 すべての女性に似合うと提唱されている「アプリコットメイク」とは、一見シンプルでナチュラルなメイク。しかし実は、ほとんどの女性に何かしらの気づきを与える、目からウロコのテクニックが隠された驚きのメイク法といえるだろう。

 例えば、ファンデーションの塗り方やアイラインの入れ方。著者には独特の「メイク語録」というものがあって、ファンデーションは「盛る」。アイラインは「打つ」。うそみたいだが、実際、その言葉どおりの方法なのだ。

 しかもそれらのテクニックの目的と理由が極めて明確なので、その方法も、順序も、必要なアイテムにもすべて納得がいく。思わず自分の顔をじっくり鏡で観察したくなるし、メイク道具を見直してみたくなるから不思議だ。

 すぐに実践したくなるが、今まで最低限のメイクしかしてこなかった人にとっては、初めて使用するアイテムもあるだろうし、最初はそろえるのが大変かもしれない。しかし著者が紹介している実際の商品には意外にプチプラなものも多く、その点でも好感が持てる。やはり本当に美しくなるために重要なのは、コスメではなくテクニックなのだ。

 とかくコスメは色に惹かれたりして数が増えがち。いつの間にか使わないリップやアイシャドウがどんどんたまっていく。しかし、この「アプリコットメイク」では必要なアイテムと色が限られているので安心だ。きちんとテクニックさえ身につけてしまえば、もうメイクジプシーからは卒業。今流行の“心が落ち着く、モノを持たない暮らし”にも似ているところがある。アプリコットメイクを自分のものにするころには、メイクの基礎力がつき、多少“遊び”を取り入れても、そうそうハズさない。

 服も食事も住まいもシンプル、しかしこだわるところにはとことんこだわるというライフスタイルに通じる。年齢問わず、ますます多くの女性に支持されそうな予感がする一冊だ。


出版社:講談社
書名:テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる
著者名:長井かおり
定価(税込):1,620円
税別価格:1,500円
リンク先:http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000213696

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]