その不調の原因は「○○不足・○○過多」かも?食の新バイブル誕生!

『骨と筋肉が若返る食べ方』大友通明著
『骨と筋肉が若返る食べ方』大友通明著
写真を見る

 健康やアンチエイジング、またダイエットのため、毎日の食事に気をつかっているという人も多いだろう。

 例えば女性なら、朝はビタミンたっぷりのスムージーやバナナなどのフルーツ、カルシウムがとれるヨーグルトなど。ランチは軽めにパスタやうどんそば。夜はヘルシーな魚料理中心で、野菜をたくさん食べる。ご飯を抜いたから、くつろぎタイムには好きなスイーツも・・・といった食生活。

 一見何の問題もないように思えるが、もしこのような食べ方を続けていれば、実はいつの間にか骨と筋肉の老化が進み、腰や肩や膝などの痛みや、将来寝たきりを引き起こすような骨折の原因になってしまう、と本書は説く。

 著者は、整形外科医である。関節などの「痛み」と「食べ方」は一般的にあまり関わりがないと思われ、実際自身の医院でも、以前は従来からの投薬や電気治療などを行っていた。ところが身体の不調に長年悩んでいた著者本人が、ふとしたことから目を向けた「栄養療法」で自らの劇的な変化を実感。その後患者の治療にも積極的に栄養療法を取り入れて、数多くの実績をあげてきたという経歴がある。

 例の食生活のどこに問題があるのか。詳しくはぜひ本書を手に取って確かめてほしいが、要は必要なものがきちんと取れておらず、不要なものを取りすぎているということ。骨や筋肉を作るために必要な栄養素は決定的に足らず、むしろ邪魔をする栄養素を過剰に取ってしまっているのだ。今までの食に対する常識がくつがえるような驚きがある。

 今や「糖質制限ダイエット」はスタンダードといってもいいかもしれない。食事のときに口に入れる順番は、野菜→肉や魚→炭水化物だということもよく知られている。でもそれらの正しい理由をきちんと理解できているだろうか。本書では、その理由はもちろん、そこから一歩進んで、ちゃんと動ける身体を作るための本当に正しい知識を、栄養素レベルでわかりやすく解説してくれている。

 他にも、花粉症に有効なビタミンについてや、油の詳しい分類と効果についての一覧など、思わず目からウロコの内容が盛りだくさん。きっとすぐに試してみたくなるような新鮮な知識に出会えるに違いない。骨や筋肉のトラブルを抱えている人だけでなく、老若男女すべての人にぜひ読んでほしい、これからの健康のためのバイブルといえる1冊だ。


出版社:青春出版社
書名:骨と筋肉が若返る食べ方
著者名:大友通明
定価(税込):1,026円
税別価格:950円
リンク先:http://www.seishun.co.jp/book/20352/

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]