ダイエットなし! 「おばさん体型」が5キロやせて見える驚異の着こなし術

『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』窪田千紘著
『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』窪田千紘著
写真を見る

 女子たるもの、「何歳になっても好きな服を着たい!」「『素敵なママ』って言われたい!」という願望(野望?)を持つ人も多いのではないだろうか。ところが、特に40代以上になると、体型が崩れて着たい服が入らなかったり、若い頃お気に入りだった服を着ても「ただのイタい女」になってしまったり……。相次ぐ悲劇にオシャレする気力も薄れ、適当な服を身につけているうち「オシャレとは何ぞや?」という迷宮に迷い込んでしまう。

 そんな”オシャレ難民”から、いま絶大な支持を受けているのがブログ「STYLE SNAP 大人世代の普段着リアルクローズ」。雑誌に出てくるようなスタイル抜群の女性ではなく、40代~50代のリアルな体型の女性たちをモデルとしたファッションコーディネートを紹介している。本書は、ファッションブログカテゴリ人気ランキング1位の実績を持つ同ブログを書籍化したものだ。

 著者である窪田千紘氏いわく、「体型の変化に戸惑う女性が多いけれど、年齢で体型が変わるのは当たり前!」。その上で、ダイエットなし、プチプラ服の着こなしのみで体型をカバーし、大人の女性ならではの美しさを引き出す109のコーディネートを紹介している。「着るだけで、5キロ痩(や)せて見える」という言葉どおり、どれもこれも見違えるようなビフォー&アフターだ。

 その中で2つのルールを取り上げてみよう。ひとつは、「ロングドレスのように一枚の布でできている服は確実にキレイに見える」。トップスとボトムスの組み合わせは、本来キレイに見えるはずの身体のラインが途中で分断されてしまうため、もったいないという。そこで本書の中では、丈の長いワンピースやオールインワンがおすすめされている。

 もうひとつは、「足の形も大人になれば変わるもの。歩きにくいヒールは日常には不向き」。これは「主婦なのでヒールは 普段履かない」「かかとの高いヒールなんて履きたくない」というブログ読者の悩みに応えたもので、ヒールのかわりの アイテムとして先の尖ったフラットシューズが挙げられている。大人体型の場合、身体のシルエットが丸みを帯びている ので、つま先が尖っているほうが全体のバランスがよくなるそう。実際にどのように見えるかは、ぜひ本書に掲載されているコーディネート例で確かめていただきたい。「近所のおばちゃんスタイル」からのまるで魔法のような変わりぶりに、 きっとあなたも驚くはずだ。


出版社:講談社
書名:大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦
著者名:窪田千紘
定価(税込):1,404円
税別価格:1,300円
リンク先:http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000313893

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]