ズボラでも家事や仕事をしながら痩せられる、超簡単エクササイズ

『モデルが、こっそり続ける 痩せてキレイになる ながらエクサ!』井上雅喜著
『モデルが、こっそり続ける 痩せてキレイになる ながらエクサ!』井上雅喜著
写真を見る

 「痩せてキレイになりたい」と話題のエクササイズに挑戦している女性は少なくないだろう。とはいえ「体をひねる動作を一日10セット」などと指定されていると、たとえひとつひとつは簡単なエクササイズでも、ズボラな筆者などは3日で止めてしまう。当然、痩せるわけもない。

 そんなズボラなダイエッターにおすすめしたいのが、本書で紹介されている「ながらエクサ」。「ながらエクサ」とは、家事や通勤など、暮らしの中で「〇〇しながら」実践できるエクササイズのことだ。たとえば、歯を磨きながら左右の足のかかとを床につけてつま先を上げ、足踏みしながら骨盤を前に倒す。あるいは、朝食を作りながら両脚をクロスさせて立ち、太ももを引き締める。または電話で人と話す時、首と肩の間に受話器を挟み、首を横に倒すことで首の筋肉をストレッチし、あごの輪郭をスッキリさせる。……などなど、39の「ながらエクサ」が写真とともに掲載されている。

 ありがたいのは、「一日10セット」のように数がきっちり指定されていないことだ。歯磨きの「ながらエクサ」なら、歯磨きが終わるまで。電話中の「ながらエクサ」なら、電話が終わるまで……という形になる。これなら、「めんどくさいけどやらなきゃ」というプレッシャーにおびえず、気軽に取り組むことが可能だ。

 とはいえ、あまりにエクササイズが簡単すぎて「ホントにこれで痩せるの?」と言いたくなる人もいるだろう。本書によれば、実は背筋を伸ばして姿勢を整えたり、立っている時間を増やしたりするだけでも、ショートケーキ1個分のエネルギー(約350キロカロリー)が消費できるといわれているそう。「ながらエクサ」に1ヶ月間挑戦した20代の一般女性は、食事制限や有酸素運動などは一切ナシで、4.2キロも体重が減ったという。

 ダイエットは何よりも「継続できること」が大切だろう。百聞は一見に如かずということで、筆者も「ながらエクサ」を始めてみたが、文字通り三日坊主の筆者が1週間近く続けられている。すぐダイエットに挫折してしまうという人に、手に取ってみてほしい一冊だ。


出版社:マガジンハウス
書名:モデルが、こっそり続ける 痩せてキレイになる ながらエクサ!
著者名:井上雅喜
定価(税込):1,404円
税別価格:1,300円
リンク先:https://magazineworld.jp/books/paper/3018/

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]