徳川吉宗の命で京に入った聡四郎を狐狸(こり)妖怪が待ち受ける!人気時代活劇最新作

『動揺』上田秀人著
『動揺』上田秀人著
写真を見る

 優れた時代小説の条件とは何か。愚見で恐縮ではあるが、「空気感」をはらんでいるかどうかのように思う。つまり、「その時代に生きている人々のリアルな生き様を伝えてくれるか」だ。その意味で、本書は紛れもなく傑作だろう。

 本書は旗本で剣の達人・水城聡四郎を主人公にした「水城聡四郎シリーズ」第3シリーズの最新作だ。聡四郎は江戸幕府において勘定所の監査を担当する勘定吟味役、大奥に出入りする御広敷用人などの役職を歴任し、第8代将軍・徳川吉宗直々の命により道中奉行副役として諸国を巡る。京の都を目指す一行は、敵対する伊賀の忍や権謀術数に長けた権力者たちに狙われ、翻弄されるのだった。果たして聡四郎は「敵」を跳ね除け、京で不気味にうごめく陰謀を看破することができるのだろうか。

 一方、江戸城では吉宗が御三家の一角・尾張藩の藩士たちの襲撃を受ける。水聡四郎の宿敵ともいえる元御広敷伊賀者組頭・藤川義右衛門も江戸での闇の勢力を拡げるべく暗躍を始め……。

 京や江戸城を巡る謎も吉宗や聡四郎の家臣・大宮玄馬の剣術も面白いが、聡四郎や吉宗たちの人となりがとにかく「いそう」なのだ。襲撃されたことを逆手に取る吉宗の暗く狡猾(こうかつ)な表情、吉宗に腹の内を見抜かれ慌てふためく目付、聡四郎を利用しようとする京都所司代など、その描き方が実に生々しい。

 また、武士を主人公とした時代小説の場合、活劇が一番の見せ場だろう。男たちの殺陣に心血を注ぐあまり、女性陣の扱いが雑になっている小説も少なくない。ところが本書の著者は女性たちを魅力的に描くのがおそろしく巧い。吉宗の養女となっている聡四郎の妻・紅や、かつて聡四郎の命を狙って返り討ちにされ、現在は紅付きの女中となっている忍の袖、袖の妹・菜、そして吉宗の想い人である竹姫。女性たちの存在がただの「小道具」や「添え物」ではなく、とても魅力的で芯の強いキャラクターとして存在感を放っているのだ。

 アクションあり、サスペンスありの「いいとこどり」な時代小説をお求めの方には、ぜひ一度手に取っていただきたい。


出版社:光文社
書名:動揺
著者名:上田秀人 聡四郎巡検譚(三)
定価(税込):670円
税別価格:620円
リンク先:https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334777814

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]