中学受験にももってこい!コナンのまんがで興味をひき、知識の定着を狙える

『名探偵コナン 推理ファイル 九州地方の謎』原作/青山剛昌 まんが/阿部ゆたか まんが/丸伝次郎 シナリオ/平良隆久
『名探偵コナン 推理ファイル 九州地方の謎』原作/青山剛昌 まんが/阿部ゆたか まんが/丸伝次郎 シナリオ/平良隆久
写真を見る

 学習まんが「名探偵コナン 推理ファイル」シリーズの最新作。子どもだけでなく大人にもファンが多い、おなじみ「名探偵コナン」の登場人物たちが、まんがや解説で九州8県を紹介し、自然に地理を学習できる内容になっている。

 まずは巻頭の美しいカラー写真で、「九州地方の自然」「農業」「水産業」「工業」「交通」「都市」と紹介。ぐっと興味をひきつける。ストーリー仕立てのまんがは、「九州の謎」として佐賀県の伊万里や有田を舞台に陶芸から歴史をさかのぼるものと、現代的なトリックも取り入れて沖縄を紹介する「沖縄の謎」の2本。意外に読み応えがあり楽しめる。

 学習まんがと侮るなかれ。解説はかなり詳しく、情報量が多い。地図やグラフ、コラムが充実しており、大人が読んでもためになる。九州在住の大人も改めて認識するような、新しい知識が得られるかもしれない。

 特に興味深かったのは、2500以上ある島についての解説、農作物の割合についてのグラフ、IC産業のこれからについてなど。水俣の公害のページでは現在の取り組みも学べるし、沖縄の基地問題についても書かれている。旧国名で9つに分かれた九州地図には、思わずじっと見入ってしまった。

 昔から歴史ものなど学習まんがは多かった。すんなり頭に入ってくるため教科書より取っ掛かりやすく、学校の図書館では大人気。今は、各種自宅にそろえている家庭も多いのかもしれない。

 何はともあれ、なんでもいいから子どもが興味を持ってくれたらしめたもの。すべての学習を深めていく最初の一歩は、自分の興味をとことん追求して、学ぶ楽しさを覚えることから始まるという。

 この「名探偵コナン 推理ファイル」シリーズは、「人類の謎」「環境の謎」「恐竜の謎」など、謎をキーワードにしてより子どもの興味を引く作りになっていて、まさにうってつけ。本書は、九州の子どもなら自分の住んでいる県のことを詳しく知ることができる、特に入り込みやすい一冊だ。子どもへのプレゼントに、ぜひ加えてみてはいかがだろう。おそらく他の地方の謎シリーズもこれから出版されるだろうから、それが待ち遠しく感じられるようになってくれることだろう。


出版社:小学館
書名:名探偵コナン 推理ファイル 九州地方の謎
著者名:原作/青山剛昌 まんが/阿部ゆたか まんが/丸 
伝次郎 シナリオ/平良隆久
定価(税込):972円
税別価格:900円
リンク先:https://www.shogakukan.co.jp/books/09296672

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]