古武術や礼儀作法を活かしたメソッドで、ストレッチなしで体がやわらかく

『一瞬でかたい体がやわらかくなる美構造メソッド』藤原ヒロシ著
『一瞬でかたい体がやわらかくなる美構造メソッド』藤原ヒロシ著
写真を見る

 ヨガやストレッチに取り組もうとしたら、体があまりにかたくて愕(がく)然とした……。そういう経験をお持ちの方も少なくないかもしれない。学生時代はあんなに柔軟できたのに、ああ、あのやわらかい体をもう一度。そんな切ない思いをしているなら、一度『一瞬でかたい体がやわらかくなる美構造メソッド』を試してみてはいかがだろう。

 本書は美構造プロデューサーの藤原ヒロシ氏が整体や気功、古武術、礼儀作法などを学ぶ中で開発した、「ちょっと体を触るだけでやわらかくなる」という斬新すぎるメソッド。藤原氏によれば、ストレッチをする時に体がかたくなる理由のひとつとして「筋肉を意識しすぎると緊張してかたくなる」というものが挙げられるのだそうだ。そのため、ストレッチで特定の筋肉だけを動かすのではなく、身体全体の筋肉を連動させることが必要だという。

 たとえば、本書に度々登場する「手のアーチ」の動作は感動ものだ。まず指をそろえてアーチを作り、次に右手で左手の甲を覆ってから手首の少し上のあたりをつかんで軽く圧をかける。そして左の指先の方向へ、右手で左手をシュッと引っ張る。それを反対側の手でも行う。これだけで、普段あまり使われていない筋肉が刺激され、全身のバランスが整うという。さらに腹圧が高まり、体幹も安定するというのだからいいことづくめだ。この「手のアーチ」をしてから開脚や屈伸運動をすると、何もしなかった時よりもはるかに体がやわらかくなるそう。実際、美構造メソッドのレッスンを受けた人からは、座って前屈をすると指先が膝に届かないほどかたかったのに、レッスン後前屈をしてみるとすぐ床に肘がつき、最終的に床に額がつくようになったという声が上がっている。

 体のかたさには自信がある筆者も、早速「手のアーチ」をしてから開脚にトライしてみた。すると、いつもは90度開けばいい方なのだが、驚いたことにそれが135度くらいになっていた。しかも身体中の力がスッと抜けているのが感じられる。頑張ってストレッチをしなくても、こんなに開脚ができるなんて!体だけでなく、頭もやわらかくなった気がする。


出版社:学研プラス
書名:一瞬でかたい体がやわらかくなる美構造メソッド
著者名:藤原ヒロシ
定価(税込):1,080円
税別価格:1,000円
リンク先:https://hon.gakken.jp/book/2380099200

 西日本新聞 読書案内編集部

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]