将棋の最年少プロ藤井が15連勝 自身の記録を更新

 金井恒太六段を破り、デビュー後の連勝記録を「15」に更新した藤井聡太四段=1日、東京都渋谷区の将棋会館
金井恒太六段を破り、デビュー後の連勝記録を「15」に更新した藤井聡太四段=1日、東京都渋谷区の将棋会館
写真を見る

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は1日、東京・将棋会館で指された第30期竜王戦ランキング戦6組で金井恒太六段(30)を破り、自身の持つデビュー後の連勝記録を「15」に更新した。

 藤井四段は昨年12月のデビュー戦に勝利し、その後も快進撃を続けた。4月4日にはデビュー後11連勝を達成し、プロ公式戦の新記録を樹立。同26日には自身の記録を14連勝に伸ばしていた。次回の対局は4日、新人王戦でアマチュアの横山大樹さんと対戦する。

 藤井四段は昨年10月、最年少の14歳2カ月でプロ入り。加藤一二三・九段の14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]