大分の早咲さん13年ぶり優勝、最多5度目 第40期久留米王位戦

優勝を目指して熱戦を繰り広げた西日本久留米王位戦=14日、福岡県久留米市
優勝を目指して熱戦を繰り広げた西日本久留米王位戦=14日、福岡県久留米市
写真を見る

 九州、山口、沖縄9県のアマチュア将棋界ナンバーワンの座を争う第40期西日本久留米王位戦(西日本新聞社主催、日本将棋連盟、福岡県久留米市、同市教育委員会、テレビ西日本後援)が14日、福岡県久留米市の久留米シティプラザであり、大分県代表の早咲誠和さん(43)=大分市=が優勝した。早咲さんは13年ぶりの栄冠で、大会史上最多の通算5度目。

 早咲さんは1回戦から順当に勝ち上がり、決勝戦で前年度王位の後藤弾さん(40)=福岡県筑紫野市=と対戦。昨年と同じ顔合わせとなったが、早咲さんが難しい攻め合いを制し、雪辱を果たした。

 大会は九州、山口、沖縄9県12地区代表22人と前年度王位の計23人がトーナメントで戦った。審判長の豊川孝弘七段は「各地区代表のレベルが上がって、どの対局も紙一重の戦いで迫力があった」と振り返った。

 勝敗結果は次の通り。

 (前が勝者、敬称略)

 【1回戦】福森亘(鹿児島)-八杉吉柾(福岡都市圏)▽森崎盛一朗(熊本)-北村公一(山口)▽嶋田裕介(沖縄)-堀田千(佐賀)▽岡部吉継(福岡都市圏)-浜野洋介(佐賀)▽早咲誠和(大分)-市平春樹(宮崎)▽西谷明雄(北九州)-松原誠(筑後)▽禰保拓也(沖縄)-商光義(鹿児島)

 【2回戦】後藤弾(前年度王位)-李源台(北九州)▽山崎由太郎(大分)-福森▽森崎-石本優(長崎)▽嶋田-新田霧斗(宮崎)▽岡部-西谷正士(山口)▽早咲-山本進(筑豊・京築)▽西谷-木村拓哉(熊本)▽禰保-伊ケ崎博(長崎)

 【準々決勝】後藤-山崎▽嶋田-森崎▽早咲-岡部▽西谷-禰保

 【準決勝】後藤-嶋田▽早咲-西谷

 【決勝】早咲-後藤

=2017/05/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]