将棋NHK杯、藤井四段8強逃す 3回戦で稲葉八段に敗れ

 藤井聡太四段
藤井聡太四段
写真を見る

 将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)は10日に放送されたNHK杯トーナメント3回戦で、稲葉陽八段(29)に敗れ、ベスト8進出を逃した。

 稲葉八段は今年の名人戦で、挑戦者になった実力者。藤井四段はNHK杯の2回戦で、永世名人の資格を持つ森内俊之九段(47)を破り、3回戦に進んでいた。公式戦の通算成績は52勝9敗。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]