将棋駒を強盗、被害5千万円か 大阪の販売店、男逃走

 将棋関連用品の販売店「将棋博物館二歩」が入るビルに向かう捜査員=11日午後、大阪府八尾市
将棋関連用品の販売店「将棋博物館二歩」が入るビルに向かう捜査員=11日午後、大阪府八尾市
写真を見る

 11日午前10時20分ごろ、大阪府八尾市北本町2丁目の将棋関連用品の販売店「将棋博物館二歩」に男が押し入り、女性店員(36)をいすに縛り付けて、ショーケース内の将棋駒セットを奪い逃走した。八尾署によると、同店経営者は、500万円以上の商品を含む30~40セットが奪われ、被害総額は5千万円を超えると説明している。

 営業時間外で客はおらず、店員にけがはなかった。八尾署は強盗事件として逃げた男の行方を追っている。

 店のホームページによると、将棋駒の製造も行っており、有名な作家の作品も展示している。高価な商品には、骨董品としての価値があるとみられる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]