将棋の羽生竜王「初心を忘れず」 就位式で、藤井四段も出席

 第30期竜王就位式で推挙状を披露する羽生善治竜王=16日午後、東京都内のホテル
第30期竜王就位式で推挙状を披露する羽生善治竜王=16日午後、東京都内のホテル
写真を見る

 将棋界で初の国民栄誉賞受賞が決まった羽生善治竜王(47)の第30期竜王就位式が16日、東京都内のホテルで開かれた。謝辞で羽生竜王は「この日を迎えてひしひしと実感している。初心を忘れずにこれからも前に進んでいきたい」と述べた。

 就位式では竜王戦ランキング戦の各組優勝者が表彰され、6組の最年少プロ、藤井聡太四段(15)も登壇し、多くの出席者から拍手を浴びた。

 就位式の前には、羽生竜王と藤井四段の合同記者会見が開かれた。両者は2月17日の朝日杯準決勝で、公式戦初対戦する。羽生竜王は「こんなに早く対局することになり、驚いている」と感想を述べた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]