将棋、羽生が夢の100期なるか 名人戦が開幕

 第76期名人戦7番勝負第1局で、佐藤天彦名人(左)と対局する羽生善治二冠=11日午前、東京都内のホテル
第76期名人戦7番勝負第1局で、佐藤天彦名人(左)と対局する羽生善治二冠=11日午前、東京都内のホテル
写真を見る

 将棋の佐藤天彦名人(30)に羽生善治二冠(47)が挑戦する第76期名人戦7番勝負第1局は11日、東京都内で始まった。羽生二冠は、名人を奪取すれば自身の通算タイトル獲得記録を大台の100期とし、本局に勝つと歴代2位の通算勝利数が節目の1400勝となる。

 注目の一局とあって、対局室には朝から約50人の報道陣が詰め掛けた。張り詰めた緊張感の中、先手番となった羽生二冠は対局開始が告げられると、引き締まった表情で指し手を進めた。

 羽生二冠は昨年12月、通算7期目の竜王を奪取して初の「永世七冠」を達成。今年2月に将棋界では初めて国民栄誉賞を受賞した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]