加藤一二三さんら春の叙勲 旭日大綬章に高村正彦氏

 旭日小綬章受章が決まり喜びを語る将棋棋士の加藤一二三さん
旭日小綬章受章が決まり喜びを語る将棋棋士の加藤一二三さん
写真を見る
 高村正彦氏
高村正彦氏
写真を見る

 政府は29日付で2018年春の叙勲受章者を発表した。今回最高位の旭日大綬章には高村正彦元外相(76)ら16人を選んだ。将棋棋士の加藤一二三さん(78)や映画監督の北野武さん(71)らに旭日小綬章を贈る。受章者は旭日章976人、瑞宝章3175人の計4151人。このうち民間人は1906人で全体の45・9%を占めた。女性は399人で9・6%だった。民間人、女性の受章数は03年の制度改正以降で最多。

 分野別の受章者では、芸術文化から日本画家の川崎春彦さん(89)が旭日中綬章を、作詞家の阿木燿子さん(72)、俳優の西田敏行さん(70)らが旭日小綬章を受ける。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]