藤井七段快挙に驚きと称賛 「タイトルの可能性も」「見事」

 将棋の竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝利し、史上最年少の15歳9カ月で昇段した藤井聡太七段=18日午後、大阪市の関西将棋会館
将棋の竜王戦ランキング戦5組の準決勝で勝利し、史上最年少の15歳9カ月で昇段した藤井聡太七段=18日午後、大阪市の関西将棋会館
写真を見る

 将棋の藤井聡太七段(15)が史上最年少の七段昇段を成し遂げ、一夜明けた19日。将棋ファンの子どもたちや同じプロ棋士らからは「タイトルの可能性も」「見事の一言」と驚きとともに快挙をたたえ、さらなる躍進を期待する声が相次いだ。

 18日の歴史的一戦の舞台となった大阪市福島区の関西将棋会館。道場には、午前中から大勢のファンが集まった。京都市の小学3年岩田涼君(8)は「最年少で強い人にどんどん勝っているのが好き」と興奮気味に話した。

 歴史を塗り替えた藤井七段の師匠、杉本昌隆七段(49)は「自分と同じ段位に追い付かれることは大きな喜び」とまな弟子の偉業に目を細める。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]