将棋、藤井七段が決勝Tへ 竜王戦5組優勝

 竜王戦ランキング戦5組決勝で石田直裕五段を破って優勝し、決勝トーナメント進出を決めた藤井聡太七段=5日夜、大阪市の関西将棋会館
竜王戦ランキング戦5組決勝で石田直裕五段を破って優勝し、決勝トーナメント進出を決めた藤井聡太七段=5日夜、大阪市の関西将棋会館
写真を見る

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は5日、大阪市の関西将棋会館で指された八大タイトル戦の竜王戦ランキング戦5組決勝で石田直裕五段(29)を破って優勝し、2期連続で決勝トーナメントに進んだ。初戦で、6組1位の都成竜馬五段(28)と対戦する。

 羽生善治竜王(47)への挑戦者を決める決勝Tは、予選に当たるランキング戦の各組優勝者らが出場。勝ち上がった2人が、挑戦者決定3番勝負を行う。藤井七段は挑戦権獲得まで最短で7連勝が必要となる。

 藤井七段は昨年の竜王戦決勝Tの初戦で、増田康宏四段=現六段=(20)に勝ち、歴代最多の29連勝を達成した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]