将棋の羽生前竜王、肩書は九段に 27年ぶりの無冠

 羽生善治九段
羽生善治九段
写真を見る

 将棋の竜王を21日に失い、27年ぶりの無冠となった羽生善治前竜王(48)は今後、九段の肩書を使用することになった。日本将棋連盟が25日に発表した。タイトルを失冠すれば通常は段位を使うが、七つの永世称号を持つ第一人者が何を名乗るのか、注目されていた。

 八大タイトルのうち、竜王と名人は失冠後、1年間は前竜王、前名人の肩書を使うことができる。将棋連盟によると、羽生前竜王は九段を希望したという。

 10月に開幕した第31期竜王戦7番勝負で、羽生竜王は挑戦者の広瀬章人八段(31)に敗れ1991年以来、保持するタイトルが無くなった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]