藤井七段、棋聖戦本戦へあと1勝 2次予選の準決勝を制し決勝へ

 藤井聡太七段
藤井聡太七段
写真を見る

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は25日、大阪市の関西将棋会館で指された第90期棋聖戦2次予選6組の準決勝で、大石直嗣七段(29)を破って決勝に進み、本戦トーナメント進出にあと1勝とした。

 2次予選決勝で、斎藤慎太郎王座(25)―久保利明王将(43)の勝者と対戦する。藤井七段の年内の対局は、28日に行われる第45期棋王戦の予選が最後となる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]