西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

王位戦第1局始まる 菅井が振り飛車に

羽生善治王位(右)の先手番で始まった王位戦第1局。左は菅井竜也七段=5日午前9時、三重県菰野町
羽生善治王位(右)の先手番で始まった王位戦第1局。左は菅井竜也七段=5日午前9時、三重県菰野町
写真を見る

 将棋の羽生善治王位(46)=王座、棋聖=に菅井竜也七段(25)が挑戦する第58期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が5日午前9時、三重県菰野町の「湯の山温泉グリーンホテル」で始まった。

 羽生が7期連続、通算19期目の王位を獲得するか、関西を代表する若手実力者の菅井がタイトル初挑戦で奪取するか。注目の初戦は振り駒で羽生の先手となり、立会人の石田和雄九段の定刻を告げる合図で初手を7六歩と指した。

 互いに角道を開け、9筋の端歩を突き合う駆け引きの後、菅井は3二飛(8手目)と振り飛車に構え、さらに角交換後に2二飛(14手目)と向かい飛車に振り直した。互いに慎重に駒組みを進め、羽生の8八玉(25手目)までで昼食休憩に入った。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の6日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。西日本新聞ホームページで対局の様子を速報している。

◆第58期王位戦の中継サイトはこちら


=2017/07/05付 西日本新聞夕刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]