里見が向かい飛車に 女流王位戦第2局

女流王位戦第2局で里見香奈女流王位(右)に対し初手を指す渡部愛女流二段=22日午前9時、兵庫県姫路市
女流王位戦第2局で里見香奈女流王位(右)に対し初手を指す渡部愛女流二段=22日午前9時、兵庫県姫路市
写真を見る

 将棋の里見香奈女流王位(26)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=に渡部愛(わたなべまな)女流二段(24)が挑む第29期女流王位戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が22日午前9時、兵庫県姫路市の旅館「夢乃井」で始まった。

 第1局を制した渡部が連勝して初タイトル獲得に王手をかけるか、里見が1勝1敗のタイに戻すか。定刻になり、立会人の若松政和七段が対局開始を告げると、先手の渡部が初手を2六歩と指した。

 早々に飛車先の歩を突き越した渡部に対し、里見は2二飛(8手目)と向かい飛車に。互いに美濃囲いに構えたところで渡部は3五歩(33手目)と仕掛け、里見の同歩(34手目)を見て8六歩(35手目)と反撃に備えた。若松七段は「積極的な渡部さんに対し、里見さんは相手の攻めを待って戦おうという姿勢。この後の渡部さんの攻めが注目です」と話した。持ち時間は各4時間で、夜までに決着する見込み。対局の模様は西日本新聞ホームページでも速報している。

=2018/05/22付 西日本新聞夕刊=

◆第29期女流王位戦のサイトはこちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]