渡部が女流王位初タイトル 里見は防衛ならず

渡部愛新女流王位
渡部愛新女流王位
写真を見る

 将棋の第29期女流王位戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は13日午前9時から徳島市のJRホテルクレメント徳島で指され、午後7時14分、先手番の渡部愛(わたなべまな)女流二段(24)が139手で里見香奈女流王位(26)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=を破り、3勝1敗で初タイトルとなる女流王位を獲得した。持ち時間各4時間のうち残りは両者ともに1分。

 渡部は急戦を仕掛け、手に汗握る寄せ合いを制して悲願を成し遂げた。日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属棋士のタイトル獲得は第18期(2007年)と第19期(08年)に女流王位に就いた石橋幸緒(さちお)さん以来。渡部は同日付で女流三段に昇段した。

 里見は4連覇と、通算女流王位戦5期で獲得する永世称号「クイーン王位」を逃し、女流四冠に後退した。

 わたなべ・まな 1993年、北海道帯広市生まれ。日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属。2013年、女流2級(プロ入り)。15年、第1回女子将棋YAMADAチャレンジ杯で優勝。翌年、同杯を連覇した。17年、女流二段。女流王位戦は紅白リーグ在籍2期目で今期初めて挑戦権を得た。

=2018/06/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]