王位戦第3局2日目 封じ手7六歩で再開

立会人の屋敷伸之九段(左)から示された封じ手を指す豊島将之棋聖(左から2人目)。右は菅井竜也王位=2日午前9時、札幌市
立会人の屋敷伸之九段(左)から示された封じ手を指す豊島将之棋聖(左から2人目)。右は菅井竜也王位=2日午前9時、札幌市
写真を見る

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑む第59期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は2日午前9時、札幌市のホテルエミシア札幌で再開し、指し継がれた。

 前日の手順、菅井の49手目(5六飛)までが再現された後、立会人の屋敷伸之九段が豊島の封じ手「7六歩」を読み上げ、2日目の対局が始まった。

 封じ手は控室でも予想されていた手で、攻めの拠点をつくった。豊島は4五歩(52手目)と攻めを継続したが、菅井は歩を使った攻めで、角で7五の銀を取ることに成功した。

 豊島はその代償に角を敵陣に成り込んだ。その後、菅井が7四歩(61手目)から7六飛(63手目)と攻勢に出て、豊島も4六歩(64手目)と反撃にかかった。

 屋敷九段は「菅井王位がうまく切り返し、やや優勢に立った。ただ、豊島棋聖も反撃を探っており予断は許さない」と語った。

 同日夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様は西日本新聞ホームページで速報している。

=2018/08/02付 西日本新聞夕刊=

◆第59期王位戦の中継サイトはこちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]