戦機熟し豊島封じ手 王位戦第5局

豊島将之棋聖(右手前)から封じ手を受け取る立会人の藤井猛九段(左)。左から2人目が菅井竜也王位=29日午後6時すぎ、徳島市
豊島将之棋聖(右手前)から封じ手を受け取る立会人の藤井猛九段(左)。左から2人目が菅井竜也王位=29日午後6時すぎ、徳島市
写真を見る

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦している第59期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第5局は29日午前9時から徳島市の料亭「渭水苑(いすいえん)」で始まり、午後6時4分、後手番の豊島が50手目を封じて1日目を終えた。

 どちらがタイトルに王手をかけるか、2勝2敗で迎えた注目局。菅井が振り飛車、豊島が居飛車の対抗形は5局連続となった。

 がっちり組み合う持久戦模様で、双方とも玉を2筋に囲う展開に。菅井が7五歩(35手目)と飛車先の歩を切ったのに対し、豊島は7二飛(42手目)と応戦、7筋での折衝が続いた。

 その後、豊島は4四角(46手目)から3三桂(48手目)と上部を厚く構えた。菅井も4六銀(49手目)と繰り出し、仕掛けを巡る駆け引きが焦点になった。

 立会人の藤井猛九段は「奥の深い細かい動きが続いたが、いよいよ戦機が熟してきた。後手から動く展開になりそうだ」と話した。

 持ち時間は各8時間。1日目の消費時間は菅井が3時間27分、豊島が4時間12分。2日目の30日は午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。対局の模様は西日本新聞ホームページでも速報する。

=2018/08/30付 西日本新聞朝刊=

◆第59期王位戦の中継サイトはこちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]