玉頭で激しい戦いに 将棋・王位戦第7局

立会人の塚田泰明九段(左)が示した封じ手を指す菅井竜也王位(左から2人目)。右は豊島将之棋聖=27日午前9時前、東京都千代田区
立会人の塚田泰明九段(左)が示した封じ手を指す菅井竜也王位(左から2人目)。右は豊島将之棋聖=27日午前9時前、東京都千代田区
写真を見る

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦している第59期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第7局は27日午前9時、東京都千代田区の都市センターホテルで再開し、指し継がれた。

 前日の手順を再現した後、立会人の塚田泰明九段が菅井の封じ手の6六同歩(64手目)を示し、2日目の対局が始まった。

 再開後はゆっくりとした展開が続いたが、53分の長考の後、豊島が指した9五歩(77手目)をきっかけに激しい戦いに。玉頭を中心に、次々と両者が駒を繰り出した。豊島が7五銀(85手目)と出た局面で昼食休憩に入った。

 副立会人の阿久津主税八段は「菅井王位が攻めに出たのに対し、豊島棋聖も反撃に出た。どちらが有利とも言えない緊張した局面が続いている」と話した。

 菅井は初防衛、豊島は二冠目獲得が懸かる最終局。勝敗は同日夜までに決まる見込み。対局の模様は西日本新聞ホームページでも速報している。

=2018/09/27付 西日本新聞夕刊=

◆第59期王位戦の中継サイトはこちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]