豊島、冷静に寄せ切る 王位戦第7局

終局後、戦いを振り返る豊島将之新王位=27日午後4時半すぎ、東京都千代田区
終局後、戦いを振り返る豊島将之新王位=27日午後4時半すぎ、東京都千代田区
写真を見る

 豊島将之棋聖(28)が最終局までもつれ込んだ熱戦を制し、初の王位をつかんだ。26、27の両日、東京都千代田区の都市センターホテルで行われた将棋の第59期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)第7局。菅井竜也王位(26)の初防衛を阻んだ。

 前局に続き相穴熊の戦型。菅井の封じ手の6六同歩(64手目)から2日目が始まった。豊島は直後に3七角(65手目)と打ち、相手玉を遠くにらんだ。

 午前中は互いに時間を使い、6筋に駒の利きを集中させる展開。正午すぎに豊島が53分の長考で9五歩(77手目)と端歩を突き、戦端が開いた。玉頭での競り合いが続いた後、豊島が角道を開けたのに対し、菅井が合駒した8二銀打(96手目)が疑問手となった。最後は豊島がその銀を角で取るなど、冷静に寄せ切った。

 持ち時間各8時間のうち、残りは豊島53分、菅井2時間2分。

 副立会人の阿久津主税(ちから)八段は「今シリーズは、いずれも見応えがあり、タイトル戦にふさわしい戦いだった」と振り返った。

■自分の力出せた

 豊島将之新王位の話 ずっと難しく、9五歩(77手目)と攻めたところもそれほど自信があったわけではないです。8二角成(107手目)からの寄せで(勝ちが)見えました。(今シリーズは)苦しい将棋が多かったが、自分の力は出せたと思います。

■2日目は苦しく

 菅井竜也前王位の話 2日目に入ってから、少しずつ苦しくなっていたような気がします。5四金(72手目)、7七桂(73手目)ではっきり悪くしてしまいました。(今シリーズを振り返って)仕方のない結果だと思います。

豊島、新王位に 二冠目獲得

=2018/09/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]