綾瀬&高橋が手つなぎ滑走 生まれて良かったと赤面

 イベントで手をつないで滑る綾瀬はるか(左)と高橋大輔さん=30日、東京都内
イベントで手をつないで滑る綾瀬はるか(左)と高橋大輔さん=30日、東京都内
写真を見る

 「『コカ・コーラ』平昌2018冬季オリンピック応援キャンペーン」のPRイベントが東京都内で開かれ、女優の綾瀬はるかと、2010年バンクーバー五輪のフィギュアスケート男子銅メダリスト高橋大輔さんが登場した。

 CMで共演している2人だが、別々の撮影だったためこの日が初対面。綾瀬が「表現力の豊かさがお芝居と似ているのかな。見入ってしまいます」と印象を語れば、高橋さんは「テレビの中以上に笑顔がすてきで、本当に生まれて良かった。生きていて良かったな」と頬を赤らめた。

 会場には樹脂製の特別リンクが設けられ、2人は手をつないでスケーティングを披露することに。笑顔で滑り続ける綾瀬を、高橋さんは「体幹がしっかりしている」と絶賛。2人でリンクの中央でポーズを決めると、盛んな拍手を浴びた。

 調子に乗った綾瀬は「次は、上でクルッと回って、キャッチされたい」と難易度が高い技への挑戦を口にしたが、退場の際に壁にぶつかってしまうハプニングで周囲を慌てさせた。

 高橋さんは「怖いもの知らずなのは、スケーターに必要な要素。フィギュアスケーターになってもトップにいったと思う」とフォローしつつ、「知らない一面を知ることができたので今日は良かった。手もつなげたし」と、天真らんまんな綾瀬にメロメロの様子だった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]