モディリアニ、172億円で落札 サザビーズの過去最高額

 14日、ニューヨークのサザビーズで落札されたモディリアニの絵画(サザビーズ提供・共同)
14日、ニューヨークのサザビーズで落札されたモディリアニの絵画(サザビーズ提供・共同)
写真を見る

 【ニューヨーク共同】競売大手サザビーズは14日、イタリア出身の画家・彫刻家アメデオ・モディリアニ(1884~1920年)の裸婦の絵画がニューヨークで競売に掛けられ、1億5720万ドル(約172億円)で落札されたと発表した。サザビーズでの落札額としては過去最高としている。

 作品は1917年に描かれた。サザビーズは、モディリアニが裸婦を描いた「近代絵画の中で影響力が大きい傑作のシリーズ」22作品の一つで、横幅が147センチとモディリアニの作品の中で最大だと紹介している。

 現在の持ち主が2003年に競売で落札した価格は2690万ドルで、6倍近くに値上がりした。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]