女優の星由里子さんが死去 映画「若大将」のヒロイン

 死去した星由里子さん=2008年2月
死去した星由里子さん=2008年2月
写真を見る

 映画「若大将」シリーズのヒロイン役などで人気を博した女優の星由里子(ほし・ゆりこ、本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが16日、心房細動と肺がんのため京都市の病院で死去した。74歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで営まれる。後日お別れの会を開く予定。

 1958年、東宝が募集した「ミス・シンデレラ娘」に選ばれて芸能界入りし、映画「すずかけの散歩道」で女優デビュー。加山雄三さん主演の映画「若大将」シリーズに加山さんの恋人役として出演し、人気となった。NHK連続テレビ小説「あぐり」やミステリードラマ「科捜研の女」など、テレビドラマでも活躍した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]