将棋の羽生、通算100期に挑む 竜王戦が開幕

 第31期竜王戦7番勝負の第1局で、広瀬章人八段(手前)と対局する羽生善治竜王=11日午前、東京都渋谷区
第31期竜王戦7番勝負の第1局で、広瀬章人八段(手前)と対局する羽生善治竜王=11日午前、東京都渋谷区
写真を見る
 羽生善治竜王
羽生善治竜王
写真を見る

 将棋界で前人未到のタイトル通算100期獲得を目指す羽生善治竜王(48)に広瀬章人八段(31)が挑戦する第31期竜王戦7番勝負は11日、東京都渋谷区のセルリアンタワー能楽堂で開幕した。午後6時、羽生竜王が49手目を封じて第1局の1日目を終えた。

 羽生竜王は防衛すれば、タイトル獲得数が夢の大台に到達。一方、敗れると1991年以来27年ぶりの無冠となる。昨年12月、竜王を奪取して初の永世七冠を達成、自身の通算タイトル獲得記録を99期に更新したが、その後に出場した名人戦と棋聖戦で敗れ、偉業を前に足踏みが続いている。

 広瀬八段は初の竜王を目指す。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]