韓国・済州島 火山島は激アツ

景勝地の龍頭海岸では、海沿いに切り立つ崖の間を散策できる
景勝地の龍頭海岸では、海沿いに切り立つ崖の間を散策できる
写真を見る
船体が透明なカヤックに乗り海の散策を楽しむ利用者たち
船体が透明なカヤックに乗り海の散策を楽しむ利用者たち
写真を見る
「アクアプラネット」には水槽に囲まれた通路も。さまざまな海の生物が頭上を泳ぐ
「アクアプラネット」には水槽に囲まれた通路も。さまざまな海の生物が頭上を泳ぐ
写真を見る
韓国の流行曲をライブ風に観賞できる「PLAY K-POP」
韓国の流行曲をライブ風に観賞できる「PLAY K-POP」
写真を見る
肉厚の豚バラを油を落としながら鉄板で焼く「オギョプサル」
肉厚の豚バラを油を落としながら鉄板で焼く「オギョプサル」
写真を見る
「城山日出峰」の山頂付近の眺め。弓なりの海岸線や透明な海が眼下に広がる
「城山日出峰」の山頂付近の眺め。弓なりの海岸線や透明な海が眼下に広がる
写真を見る
写真を見る

 厳しい暑さが続く夏は、海外のビーチリゾートでゆっくりしたい。そんな人にぴったりなのが、朝鮮半島の南西に浮かぶ韓国・済州島だ。「韓国のハワイ」とも呼ばれるリゾート地は最近、新たなレジャー施設が増え、家族旅行にも人気という。7月中旬、島を巡った。

 福岡空港(福岡市)からチャーター便で済州国際空港へ。飛行機を降りると、強烈な日差しが肌を突き刺した。「ここは韓国で最も暑い。日焼け止めは欠かせません」。済州観光公社の徐源俊(ソウォンジュン)さん(47)が、教えてくれた。

 島は福岡市とほぼ同じ緯度にあり、長崎県・五島列島から西に約180キロの距離。日本に最も近い海外リゾートともいえ、年間1500万人の観光客が訪れる。島内を走る車の半分近くは観光用レンタカーだそうだ。

 島北部の空港から西にある挟才(ヒョプチェ)海水浴場に向かった。遠浅の砂浜の白に、コバルトブルーの海と空が映える。ビーチパラソルやテントが並び、人々が遊泳や日光浴を楽しんでいた。

 「済州は自然が多く、のんびりした雰囲気。最近は、韓国人にとってもあこがれのリゾート地なんです」。島出身の現地ガイド、梁仁實(ヤンインシル)さん(47)が胸を張る。

 近くの海水浴場では、透明な船体のカヤックで海上を散策できる。海は透き通っており、目を凝らすと、海底の岩礁で小魚が泳いでいた。静かな波に揺られ、身一つで海に浮かんでいるような気分だ。

 島南部にある景勝地の龍頭海岸は、天候や潮の干満の条件が合えば、海沿いに切り立つ崖の間を散策できる。

 外で遊び疲れたら、涼しい屋内施設へ。サンリオの人気キャラクターに出会える「ハローキティアイランド」や、新旧の「K-POP」の歴史に触れられる「PLAY K-POP」などユニークな博物館が多く、親子で楽しめそうだ。水族館「アクアプラネット」では、かつて済州島の経済を支えた海女のショーを見ることもできた。

 旅の楽しみの一つはグルメ。「黒豚通り」と呼ばれる飲食街では、鉄板で豚バラ肉を焼く「オギョプサル」を。定番の「サムギョプサル」よりも肉厚なのが特徴。甘辛のみそダレやニンニク、青唐辛子を好みで付け、サンチュに巻いてかぶりつく。口中に広がる肉汁を、マッコリで胃に流すとたまらない。

 実は、済州島は約180万年前の火山活動によって形成された島で、世界遺産にも登録されている。

 最終日、島東部にある小火山の一つ「城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)」を訪れた。火口の縁まで登山用の階段が整備されている。炎天下、汗だくで頂上を目指す。スマートフォンの記録を見ると、ビルならば高さ38階相当。やっとたどりついた展望台から、雄大な火口と弓なりの海岸線を眺める。下山後、特産のみかんジュースを味わう。濃厚な甘みと冷たさで一気に汗と疲れが引く。済州島が世界に誇る自然の魅力を体中で感じた。

 ●メモ

 現在、福岡空港からの直行便は就航しておらず、済州島へは、韓国・釜山の金海空港を経由し、国内線を乗り継ぐ。所要時間は最短で計約4時間。現地の観光情報に関する問い合わせは韓国観光公社福岡支社=092(471)7174。

 ●寄り道=おいしそうなキーボード

 「ネクソン・コンピューター・ミュージアム」では、遊びながらコンピューターやゲームの歴史を学ぶことができる。米アップル社初のコンピューター「アップル1」をはじめ、7000点以上のハードウエアやソフトウエア、書籍などを所蔵。日本でも流行したテレビゲームを無料で体験できるコーナーもある。開館時間は午前10時~午後6時。観覧料金は大人8000ウォンなど。

 館内のカフェでは韓国のかき氷「パッピンス」を販売。ふんわりした氷に小豆や抹茶、マンゴーなどをトッピングしており、ほのかな甘味を楽しめる。パソコンのキーボードを模したワッフル=写真=も人気だ。

=2018/08/08付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]