脊振のめがね橋(佐賀県神埼市)

写真を見る

 佐賀県神埼市の城原(じょうばる)川沿いをドライブ中に「脊振のめがね橋」を見つけ、駐車場に車を止めた。橋の上を歩いていると、欄干の3カ所から水が弧を描くように放水されていた。案内板によると明治24(1891)年に完成した幅6メートル、長さ20メートルのアーチ構造の石造橋。春には周辺の川沿いに桜が咲き、花見スポットとして人気がある。夏の避暑地にもよさそうなので、野外チェアを持参してくつろぎたい。

(絵と文 西日本新聞社編集局デザイン部・佐藤一司)

=2019/02/13付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]