迷惑メールの写真は私 業者がブログの自撮り盗用 左右反転させ発覚避ける

ブログの自撮り写真(写真の一部を加工しています)
ブログの自撮り写真(写真の一部を加工しています)
写真を見る
迷惑メールの写真(写真の一部を加工しています)
迷惑メールの写真(写真の一部を加工しています)
写真を見る
自撮り写真が盗用された、あやみさんのブログ。メイク方法などを紹介していた
自撮り写真が盗用された、あやみさんのブログ。メイク方法などを紹介していた
写真を見る

 「迷惑メールの写真の女性は娘ではないか」-。顔写真付きの迷惑メールを記者に送ってきた「22歳のカフェ店員」に返信し、やりとりを報告した17日付朝刊の「迷惑メールを追う(中)」。記事を読んだ女性の家族から問い合わせがあった。ブログの写真が盗用された疑いがあるという。迷惑メール送信業者は発覚を避けるためか、ある「仕掛け」をしていた。

 特命取材班は、本人に話を聞いた。兵庫県の会社員あやみさん(21)=仮名。「この写真は確かに私です」。短大生だった1、2年前の写真という。「趣味みたいな感じで、毎日のように自撮りした写真を載せていました」。ブログは誰でも閲覧可能な設定だった。

 実は、これまでも出会い系サイトに写真を悪用されたことがあった。「この写真、あやみちゃんじゃない?」。ツイッターのフォロワー(読者)や友達から何度も指摘された。

 「私、優子」と名乗った今回の迷惑メールも、「遊ぶ約束をしたい」と怪しげなサイトに誘導する内容だった。「私が悪いことをしているみたいで嫌だし、やめてほしい」と言う。

 あやみさんから実際にブログに載せた写真を見せてもらい、迷惑メールの写真と見比べてみると-。なんと、左右が反転していた。「インターネットの画像検索に引っかからないようにするためかな」とあやみさん。どういうことか。

      ■

 画像検索は、グーグルなどの検索サイトで調べたい画像をコピーして貼り付けると、その画像が掲載されているページが表示される。迷惑メールに盗用された写真は、ネット上に流出しているケースが少なくない。

 大手IT企業の社員によると、画像検索のシステムは、線や色などから推測して似たような画像を見つけるようプログラムされている。このため「人間の目なら左右に反転処理された画像でも同じものと判別できるが、コンピューターは別の画像と認識してしまう。理論的に今回のケースでは検索に引っかからないのではないか」と打ち明ける。

 左右反転処理はシステム上の「盲点」。写真を盗用された被害者、迷惑メールの受信者いずれにも発覚しにくく、送信業者にとって都合がいいとみられる。

 別の迷惑メールに添付された「さらら」と名乗る女性の写真で実験してみた。そのまま画像検索しても何も出てこない。パソコンで簡単にできる左右反転処理をして再び検索すると、あるサイトが出てきた。写真の女性はモデルだった。

 女性が所属する都内の芸能事務所に一報した。盗用されたのはモデル自身の写真共有アプリ「インスタグラム」から。風俗店の宣伝などに盗用されたことはあったが、迷惑メールは初めてという。事務所関係者は「犯人を追いきれず、泣き寝入りするしかない状態」とため息をつく。

      ■

 写真の反転は、海外でも問題化している。インスタグラムで約12万人ものフォロワーが付いていた「ブラジル人の戦場カメラマン」が昨年、実在しない人物と判明した。投稿された写真は、イラクなどで活動する写真家の作品の盗用だったが、編集・反転加工されているため発覚しなかった。

 迷惑メールへの写真盗用には法律的にどんな問題があるのか。ネット上では自分の意思で公表した写真だからどう使われようと仕方ないという見方もあるが、福岡大の實原隆志准教授(憲法・情報法)は「そうとは言い切れない」。肖像権侵害や名誉毀損(きそん)を主張して送信業者に損害賠償を請求できるという。

 ただ、訴訟となると労力やコストがかかる。「みだりに顔写真を公表しない方がいいかもしれません」と話した。

=2018/02/27付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]