ダークウェブに潜入してみた 闇市場まるで通販 個人情報、薬物に拳銃まで

大麻が出品されていた海外サイトの画像
大麻が出品されていた海外サイトの画像
写真を見る
「アイス」(覚醒剤)の売人からの返信メール。「安い買い物ではないので確認して」とも記してあった
「アイス」(覚醒剤)の売人からの返信メール。「安い買い物ではないので確認して」とも記してあった
写真を見る
掲示板「onionちゃんねる」。「武器屋」が軍用拳銃トカレフを売り出している
掲示板「onionちゃんねる」。「武器屋」が軍用拳銃トカレフを売り出している
写真を見る

 インターネット空間には、特定のソフトがないと閲覧できない「ダークウェブ」と呼ばれる深層領域がある。2月に掲載した「迷惑メールを追う」の取材過程で、特命取材班はこのダークウェブが個人情報の売買に悪用されているとの情報を得た。“潜入”してみると、そこには無法地帯が広がっていた。

 「○人情○有り」

 4月下旬、ダークウェブ上の掲示板サイトにこんな投稿があった。「クレジットカード。メールアドレス。何件でも可能。多い場合はディスカウントを検討」。二つの「○」に入るのは「個」と「報」、つまり個人情報のことだろう。検索大手グーグルやヤフーでは検索できない闇の世界で、個人情報が取引されていることがうかがえる。

 このサイトは日本語掲示板「onion(オニオン)ちゃんねる」。見た目はネット掲示板「2ちゃんねる」に似ているが、中身は隠語だらけ。さまざまな売買に悪用されており、2千件以上の売り文句が並ぶ。

 目立つのは「アイス」という言葉。覚醒剤を意味する。1グラム3万~5万円程度で指定場所に配達してくれるという。「佐賀なんだけどまったく野菜が手に入らない。誰か分けて」。農業県・佐賀で野菜が不作、というわけではない。野菜とは大麻のこと。連絡用のメールアドレスが明記され、まるで通販感覚だ。

 「アイス」の売人にメールを入れてみた。返信は3時間半後。「直接手渡しか、郵送で購入可能」。さらに「決して安い買い物ではないのでしっかりと確認して」と記されていた。確かに、人生を台無しにする代償は計り知れない。

      ■

 複数の海外サーバーを経由して、利用者の匿名性と秘匿性を高めるのがダークウェブの特徴だ。独裁国家のジャーナリストや活動家が情報をやりとりしたり、機密文書を暴いてきた内部告発サイト「ウィキリークス」が匿名の相手から情報を得たりする手段として利用されてきた歴史がある。

 「この特性に目を付けたのが犯罪者」と、セキュリティー企業スプラウト(東京)の高野聖玄代表は指摘する。掲示板には偽造身分証明書の販売から月収200万円の「高額バイト」募集、男女の仲を裂く「別れさせ屋」、海外逃亡を手助けする「にがしや」まである。まるで漫画の世界だ。

 「トカレフ。弾6発。先着」。ロシア製の軍用自動式拳銃だ。丁寧なことに「※バネが劣化しています」と注釈まであった。

 仮想通貨も登場する。「総額の15%プラス手数料10万円で、あらゆる仮想通貨を現金化」するという。仮想通貨交換業者大手コインチェック(東京)から約580億円相当の「NEM(ネム)」が流出した事件で、犯人側が別の仮想通貨に交換したのもダークウェブ上。マネーロンダリング(資金洗浄)され、追跡や回収は困難になっている。

      ■

 こうした闇の市場を取り締まることはできないのか。警察当局は監視しているとみられるが、捜査には「壁」があるようだ。高野代表は「欧米は人員も予算も確保し、国際捜査で摘発を進めているが、日本の警察に海外サーバーをたどる捜査は困難。おとり捜査も法律で認められておらず、なかなか犯人にたどり着けない」と明かす。

 ダークウェブは、閲覧しただけでウイルスに感染したり、情報を抜き取られたりする「わな」もある。取材班は今回、ウイルスに感染してもいいパソコンを用意、新聞製作に影響が出ないようにネット接続に細心の注意を払った。

 高野代表は「安易に近づくのは厳禁。治安の悪い路地裏に、財布を持って行くようなものだ」と警告している。

=2018/04/26付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]