「暴言で心折れそう」「子守る務め見失う」 虐待親の圧力に学校苦慮

写真を見る

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件で、心愛さんが暴力被害を打ち明けたアンケートのコピーを父勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=に渡すなどした学校側の対応が虐待をエスカレートさせたと批判されている。父親の威圧的な要求に屈した結果だが、九州の教師からは激しい親の要求や抗議に「心が折れそうになった」との声も聞かれる。学校が親と対峙(たいじ)する法的後ろ盾が必要だとして、文部科学省は学校に対応法を助言する弁護士「スクールロイヤー」の活用を検討し始めた。

 「うちの子を児相に売った」「家庭を崩壊させるつもりか」…。熊本県の小学校校長は体にあざのある女子児童を児童相談所(児相)に通告した直後から、親に2年近く暴言を浴びせられ続けた。「しつけ」と主張するが実態は体罰。児相職員が家庭訪問するたびに、親が校長室にどなりこんできた。厳しい対応が続いたが、女児が親と暮らしていたため「対応を誤れば子どもが危ない」と関係維持に努めた。「お子さんの表情が明るくなった」「親御さんが頑張っている証拠です」と親に共感する姿勢を取り続けた。

 そのうち体罰は見られなくなった。児相の訪問指導は終わり、今は学校が見守りを続けている。野田市の事件を人ごととは思えない。「うちの場合はまだよかった。学校も教育委員会も屈したあの父親のような人が相手だったら…」

    □   □

 学校は、けがや服の汚れ、異常な食欲など虐待のサインに気付きやすく、児相への通告元になることが増えている=グラフ参照。親から離れる時間があり、児相による一時保護の場にもなりやすい。そのため、施設入所など処遇を決める権限を握る児相には言えない不満や怒りを、学校に向ける親は少なくない。

 福岡県の小学校で児相が児童を一時保護したケースでは、両親が校長に「勝手に子どもを渡した」と夜中まですごんだ。別の小学校校長も母親から何度も抗議を受けた経験がある。「市教委への相談も考えたが、報告書類を作る余裕がなく学校だけで対応した。メンタルを削られました」

 学校に通告の手引書は配布されているが、その後の親対応は学校任せだ。福岡市教委は親の不当要求に関する幹部研修会を数年に1度開いているが、虐待が絡む事案を想定したものではない。九州の各教委が定める対応指針もわが子への過剰な配慮を求める親やいじめなどで不信を募らせた親を想定したものが大半だ。

 福岡市教委の指針では、親の話を傾聴し受け入れ、説明責任を果たすよう求めている。だが虐待する親の場合、こうした対応では毅然(きぜん)とした姿勢が示せず、子どもを危険にさらす恐れがある。「虐待で場数を踏んでいない教師は、親の怒りを鎮めることに気を取られ、子どもを守るという大切なことを見失うことがある。野田市の事件もそうだったのでは」と福岡県の50代小学校教諭は推測する。

 事件を受けて文科省は、すでに大分など全国5府県で試験的に導入しているスクールロイヤーの活用を拡大する検討に入った。虐待問題に詳しい安部計彦西南学院大教授は「学校側も法的知識や専門家の支えがあれば毅然と親に対応でき、最悪の事態を避けられるのではないか。国は学校が弁護士やソーシャルワーカーに助言を求められる体制構築を急ぐべきだ」と提案する。

=2019/03/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]