世界遺産に無断で砂利 長崎・南島原の原城跡 文化庁が是正求める

文化庁に無断で砂利が敷かれ、事実上の駐車場となっている原城跡の二ノ丸=長崎県南島原市
文化庁に無断で砂利が敷かれ、事実上の駐車場となっている原城跡の二ノ丸=長崎県南島原市
写真を見る

 世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つ、長崎県南島原市の原城跡(国史跡)で、市が文化庁に無断で二ノ丸の一部に砂利を敷設し、遺跡の現状を変えていることが分かった。事実上の駐車場となっており、遺跡の破壊につながることから文化庁や県は是正を求めている。近年、九州で世界遺産登録が相次ぐ中、人類共通の遺産を未来に受け継ぐという本来の趣旨をおろそかにした市の姿勢に批判が集まりそうだ。

 市世界遺産推進室によると、原城は1938年、国史跡に指定された。二ノ丸は88年に公有地となり、観光客が慣例的に車を止めていた。今年5月、工事用車両が資材を積み替える場にするため、二ノ丸の約300平方メートルに砂利を敷いたという。駐車場と勘違いした観光客の車が、史跡を傷める状況が続いている。史跡外には市が整備した駐車場がある。

 文化財保護法は、史跡の土地の形状を変える場合は「現状変更」の許可を文化庁に申請するよう定めているが、推進室は手続きを怠っていた。

 9月にあった市の原城跡・日野江城跡専門委員会で指摘を受け、問題が表面化。文化庁や県学芸文化課は、市に対し駐車場として使用しないように指導し、詳細な報告を求めている。

 2011年策定の史跡原城跡整備基本計画では、二ノ丸の公有地を「暫定的に駐車場等便益施設としての利用を検討する」と示したが、二ノ丸は発掘調査が行われておらず、遺構や遺物が発見される可能性があるため、昨年3月の補訂版でこの文言は削除された。市は自ら定めた基本計画をほごにしたことになり、推進室の担当者は「認識が甘かった。速やかに対応したい」と話している。

 専門委の千田嘉博・奈良大教授(城郭考古学)は「原城の史跡としての信頼性を損なう行為で許されず、早急な現状復旧が必要」と指摘。「遺跡の保護という国史跡や世界遺産の原則を守って原城跡を活用してほしい」と強調した。

 原城 1604年、島原半島南部に築かれたキリシタン大名・有馬氏の居城。1637年の島原・天草一揆では潜伏キリシタンを中心とした一揆勢が立てこもり、包囲した幕府軍が約3万人を殺害、城を使えないように石垣などを壊した。江戸幕府の禁教政策に影響を与えたとして「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」では、キリシタンが潜伏するきっかけを示す構成資産と位置付けられた。近年の発掘調査で、城跡から多くの人骨、十字架などの信仰具が出土している。

=2018/10/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]