博多ロックのマーキーズ 20日に福岡市でライブ

福岡市でライブを行うマーキーズ(手前がいとき)
福岡市でライブを行うマーキーズ(手前がいとき)
写真を見る

80年代の伝説ステージを再現

 80年代初めに活動した博多ロックのバンド「マーキーズ」が20日午後6時から福岡市中央区のライブハウス「CB」でライブを行う。ボーカルのいときゆきが60歳になる節目に合わせて開くもので、伝説のライブハウス「80'sファクトリー」の熱狂のステージが再現される。

 マーキーズは80年代に入って結成され、「80'sファクトリー」を中心に3年間、活動して解散した。いときは2009年、新メンバーでマーキーズを再結成した。その後は2、3年おきにライブを打ち、直近では16年に演奏している。

 メンバーは、いときの他、西原正浩(ギター)、田中宏行(ベース)、チー(ドラム)、平野佳代子(コーラス)。再結成からの固定メンバーだけに、レベルの高い演奏になる。ステージでの曲目は「飛ばせ、ハイウエー」「ヘイ・ボーイ」など80年代のオリジナル曲を中心に12曲を熱唱する。

 博多ロックの第2世代バンドのメンバーは60歳前後になり、還暦ロックとしてライブ活動が活発化している。今回のマーキーズのライブもそれに花を添えるもので、いときが言うように「まだ、くたばっていないぞ」と心意気のこもったステージになりそうだ。

 料金は2千円。問い合わせはCB=092(732)7575。

=2018/10/16付 西日本新聞夕刊(娯楽面)=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]