囲碁、謝が棋聖Cリーグ入り 女性棋士3人目

 謝依旻六段
謝依旻六段
写真を見る

 囲碁の第44期棋聖戦ファーストトーナメント決勝は21日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、謝依旻六段(29)が大竹英雄名誉碁聖(76)に勝ち、Cリーグ入りを決めた。女性棋士では第40期の鈴木歩七段(35)、今期の上野愛咲美女流棋聖(17)に次いで3人目。

 これで今期は謝六段、上野女流棋聖の2人がCリーグに進出。複数の女性棋士がCリーグに出場するのは初めて。

 謝六段は台湾出身で、2004年にプロ入りした。女流棋戦優勝は27回を数え、最多記録を保持している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]