ギタリストのD・デイル氏死去 サーフギターの王様

 死去したディック・デイル氏=2015年8月撮影(ゲッティ=共同)
死去したディック・デイル氏=2015年8月撮影(ゲッティ=共同)
写真を見る

 ディック・デイル氏(60年代に活躍した米ギタリスト)米メディアによると16日、カリフォルニア州の病院で死去、81歳。死因は不明。

 37年ボストン生まれ。ロサンゼルスに家族と移り住み、サーフィンとエレキギターに夢中になり、ミュージシャンとしてプロデビュー。60年代に歌が入らない多くのインストゥルメンタル音楽をヒットさせた。「サーフギターの王様」と呼ばれ、ガレージロックやパンクなどのミュージシャンに影響を与えた。

 代表曲「ミザルー」はクエンティン・タランティーノ監督の映画「パルプ・フィクション」(94年)で使われ、再び注目を集めた。(ロサンゼルス共同)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]