「日田祇園祭」(大分県日田市)など九州の五つの祭りが参加して

 「日田祇園祭」(大分県日田市)など九州の五つの祭りが参加して、福岡市・天神で開かれた国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録記念イベント。披露されたのは各祭りのほんの一部だが、それぞれの魅力の一端を味わうことができた。

 私が勤務する日田から出演した高さ約10メートルの平成山鉾(やまぼこ)は高いビル街の中にあってひときわ存在感を放っていた。豪華さと迫力、それを曳(ひ)くりりしい男衆の掛け声と囃子(はやし)の音色に時がたつのも忘れて見入った。ヤマが動くたびに観衆から上がる「うおーっ」という歓声と拍手。関係者の誇らしげな顔に胸が熱くなった。

 各祭りの本番は7~11月だ。九州観光は昨年、熊本地震で厳しい状況にさらされただけに、関係者の「今年こそ」との思いはことの外強いだろう。ぜひ多くの人に現地に足を運んで生の迫力を感じてほしい。それが地元の励み、長く後世に伝えていく力になると思うから。 (杉野斗志彦)

=2017/05/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]