夕暮れ時

 夕暮れ時、佐賀市郊外の山間部を車で流していたら、1匹のアナグマと群れたカラスの争いに出くわした。

 水平飛行後に急降下するカラスの動きに「何だろう」と思い、車を止めた。降下した先では、アナグマが大型のカラス十数羽に囲まれていた。アナグマの体長は50センチ近いが、群れの攻撃に劣勢だ。既に傷ついていたが、まるで小さなクマのように、後ろ足で直立し群れを威嚇している。「こら!」と大声を出して近づいたが、自然界の命を懸けた緊張状態は容易に解けることはなかった。

 動物園に尋ねると、争いは「餌や子育てが契機だったのでは」。人間社会と近い所にいて摩擦を起こすこともある動物だが、生きようと懸命な姿を見て親近感が湧いた。

 読者とつながる西日本新聞「あなたの特命取材班」のマスコットは、このアナグマがモチーフ。担当する北九州からも深く深く掘って迫る特命記事を届けたい。 (庭木香充)

=2018/05/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]