米テスラ、株式の非公開化を撤回 マスク氏「株主が望まず」

 【ニューヨーク共同】米電気自動車メーカー、テスラは24日、検討していた株式の非公開化を撤回し、上場を維持すると発表した。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は24日のブログ投稿で、株主の多くが非公開化を望まなかったことなどを理由に挙げた。

 非公開化には当初の想定よりも時間がかかるとも指摘。価格を抑えた新型セダン「モデル3」の量産を軌道に乗せ、継続的に利益を出すことを目指す方針を強調した。

 マスク氏は7日、「(1株当たりの買い取り額が)420ドル(約4万7千円)でテスラ株を非公開化することを検討している」とツイッターで表明した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]