中国IT企業、日本で存在感 楽天はドローン配送分野で提携

 中国の巨大IT企業が日本での存在感を強めている。中国ならではの大量のデータ収集や規制が少ない市場での経験で培ったデジタル技術は、日本企業にも魅力だ。技術革新を続ける中国企業と連携する動きが加速しそうだ。

 楽天は21日、中国インターネット通販大手の京東集団と、小型無人機ドローンを使った配送システムの分野で業務提携したと発表した。京東が開発したドローンや地上配送ロボットなどの提供を受け、国内で商品を消費者の手元まで届ける仕組みづくりを目指す。

 京東は既に中国でドローンや配送ロボを使ったサービスを手掛けている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]