東証続伸、2週間ぶり高値 ハイテク企業の業績期待

 週明け18日の東京株式市場は、ハイテク企業の業績拡大が期待され、買い注文が先行して日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前週末比133円65銭高の2万1584円50銭で、約2週間ぶりの高値を付けた。

 東証株価指数(TOPIX)は11・05ポイント高の1613・68。出来高は約10億3300万株。

 中国景気の減速で国内の先端技術関連の製造業は受注が伸び悩むとの観測が根強い。ただ前週末は米国市場で半導体大手企業の決算が市場の想定を上回るという好材料があり、投資家の積極姿勢が週明け18日の東京市場にも波及した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]