米2月の対日赤字、14%増 国別3位、対中は大幅減

 【ワシントン共同】米商務省が17日発表した2月のモノの貿易収支(通関ベース)によると、日本に対する赤字は前月比14・3%増の59億3800万ドル(約6650億円)だった。貿易相手国別では、中国、メキシコに次ぐ3位だった。対中赤字は28・2%減の247億6100万ドルと大幅に縮小した。

 トランプ米政権は、日本との貿易交渉で巨額の赤字を問題視。今後も赤字削減を目指し、圧力を強めていくとみられる。中国に対しては貿易協議で米産品の大量購入などを求めている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]