東証反発、190円高 米株高、円安進行で

 上伸する日経平均株価を表示するボード=21日、東京都内(AP=共同)

 21日の東京株式市場は、米景気拡大の観測を背景とした前日の米株高や円安進行が材料視され、日経平均株価(225種)は反発した。朝方から買い優勢で引けにかけて上げ幅を広げ、一時200円を超えた。終値は前日比190円26銭高の1万8620円75銭で11日以来の高値水準となった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]