東芝が自社株購入呼び掛け 上場廃止の恐れ、社員反発

 経営再建中の東芝が、東京証券取引所による「監理銘柄」の指定で上場廃止の恐れが指摘される中、社員向けに自社株購入を呼び掛けていたことが21日、分かった。自社株を保有する社員の多くは、系列の米原発会社の経営破綻などを背景に株価低下で含み損が出ており「会社のモラルを疑う」と反発している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]